ピッチャー必見!投手用グローブの選び方とは!?特徴や方の作り方について

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

「グローブを買おう!」と思ってスポーツ用品店に行き「どれにしよう…」と悩んだことのある人がほとんどだと思います。

今回はピッチャー用のグローブの選び方について説明したいと思います。

また同時に、湯揉みやスチーム加工についても書いていきます。

ポジションがピッチャーで、グローブを買おうと考えている人に読んで貰いたいと思います。

それでは早速見ていきましょう。

スポンサーリンク

ピッチャー用グローブの選び方

ピッチャー用グローブを買うときの選び方について解説します。

ピッチャー用グローブの特徴を頭の片隅においておけばグローブを決めるときに役に立つかもしれません。

投手用グラブ〜特徴〜

ピッチャー用は基本的に守備用のグラブというよりは、ほぼ投げるためのグラブに近い存在になります。

網目や指カバーが付いてる種類のものが多く、これらは構えた時に球種を見破られる(網目が広いと握りが見えたり、指が出ていると人によって指の動きで見破られる)危険性を防ぐため、ピッチャー用に多く採用されています。

全ての野手の中で捕球という点については一番しずらいのも特徴です。

選び方・型作り

大きさや重さなどは人それぞれの好みによりますが、筆者は個人的に軽くて小さめのグラブが投げやすいです。

投げる際にグラブの手を「ギュッと」握るようにして投げるためグラブを握りやすい型作りがオススメです。

そして投手にもフィールディングがあるので小さめのポケットを浅目に作ることをオススメします。

グローブには、「ピッチャー用」と書いてあるので、あまり心配することはありません。

あとは、自分の好きなメーカーや色、大きさ、形などで購入すれば良いです。

投手用グローブの湯揉みやスチームとは?

スポンサーリンク

湯揉みやスチームという言葉を聞いたことがある人も多いと思います。

大雑把に言えば、湯揉みやスチームとは、買ったばかりの固いグローブをそれぞれの方法で、柔らかくして、早めに使いやすくする方法です。

それでは、それぞれの違いなど詳細について書いていきます。

湯揉みについて

湯もみ型付けとは、新品のグラブをお湯につけることによって、ポケットを作っていく型付け方法です。

メリット

・グラブが新品の状態から(恐らく、他のどの方法よりも)早く練習や試合で使えるようになる。

どのくらい開閉ができるようになるかというと表現が難しいですが、「最低でも軽くキャッチボールができる程度」といった具合にはなります。

・ボールを収める空間(つまりポケット)を作りやすい。

お湯に付けてグラブ全体が柔らかくなった時に成型した型が形状記憶されやすく、ボールを収めるための空間が潰れにくく維持されやすいです。

ピッチャー用として湯揉みを行った場合、投げる瞬間握りこむ動作が出てきてどうしても形が崩れやすいですが、湯も身で形を作っておけばある程度はポケットの形はキープできます。

デメリット

デメリットは色移りやにじみ。

型付けをする側の人も、お湯につけるまでそのグラブが色移りしたり、にじんだりするかは予測できないことが多いからです。

投手用グローブのスチーム加工とは?

専用の蒸し器でグラブやミットを蒸して温めることで革自体が伸びやすくなり、型付けがしやすくなるという仕組みです。

スチーム加工に使われる蒸し器は以下のようなものです。

メリット

・すぐに使える。

・ポケットができる。

湯もみと同じですね。

・修正しやすい

スチーム加工は湯もみ型付けほど、グラブ・ミットが柔らかくならないので、万が一ですが、ショップの人に加工してもらった型付けがしっくりこない場合は、自分好みに修正を効かせやすいです。

完璧に修正とは限りませんが、少なくとも湯もみ型付けよりは修正が効きます。

デメリット

シミが出る可能性がある

これはスチーム加工したグラブ・ミットそのものにもよるのです。

・型がイマイチの時がある

型付けは、型付けをする人(加工担当の店員さん)の腕・技術による影響が大きい。

・紐が切れやすくなる!?

グラブ・ミットに、十分な量の専用オイルを塗布して蒸し器に入れないと、乾燥するとグラブ・ミットの革紐がパリパリになってヒビが入りやすくなり、切れる原因になります。

湯揉みとスチーム加工の違い

どちらも早く使いたい人向けで、湯揉みの方がしっかり型が付き、スチーム加工はある程度湯揉みよりは緩く型が付く違いがあるのかなと思います。

筆者自身、高校の時に外野手用のグローブをスチーム加工したのですが、少し型崩れしてしまい、思ったような出来上がりではありませんでした。

それ以降は、自分でゆっくり型を付けるようにしていました。

ピッチャー必見!投手用グローブの選び方とは!?特徴や方の作り方についてまとめ

ピッチャー用のグローブについてと、湯揉み、スチーム加工について、大まかなイメージはできたと思います。

初めて買う人は、ネットなどではなく、実際にスポーツ店に行って、店員さんと話しながら購入すれば間違いありません。

グローブに一番大事なのは「愛」です。

愛着のあるグローブを選び、相棒として大切にしていきましょう!!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする