キャッチャーミット選び方やスチームの型付け方法は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

今回はキャッチャーミットの選び方について語ります。

選び方から、型の付け方やスチーム湯もみのメリットデメリットまで解説!

「グローブを買おう!」と思ってスポーツ用品店に行き「どれにしよう…」と悩んだことのある人がほとんどだと思います。

そんなあなたに、キャッチャーミットの選び方について説明したいと思います。

また同時に、湯揉みやスチーム加工についても書いていきます。

ポジションがキャッチャーで、グローブを買おうと考えている人に読んで貰いたいと思います。

それでは早速見ていきましょう!

スポンサーリンク

キャッチャーミット〜特徴〜

キャッチャーミットは捕球面が広く、親指部と小指部が分厚くなっているのが特徴です。

キャッチャーというポジションはグラブによって捕ることが仕事になるため、キャッチングのしやすさや、分厚さは突き指を防ぐためです。

キャッチャーミットにも指カバーが付いている場合が多いですが、プロ野球選手でもほとんどが指を出しているように、出した方がキャッチングの際、親指と人差し指で握るようにキャッチングでき捕球がしやすいためそちらをオススメします。

キャッチャーミットの選び方・型作り

型作りは個人の好みですが、個人的にはミットを閉じる際の親指の位置を小指より捕球面に近く閉じるように作り、浅捕りをオススメします。(低めが捕りやすいから!)

近年、MLB(メジャーリーグ)や日本でも流行りだしたファーストミットに近いタイプのキャッチャーミットもありますが、それもオススメです。

その際は握り変えがしやすいように捕球面をしっかり浅捕りできるよう型作りをしてください。

グローブには、「キャッチャーミット」と書いてあるので、あまり心配することはありません。

あとは、自分の好きなメーカーや色、大きさ、形などで購入すれば良いです。

スポンサーリンク

キャッチャーミットで湯揉みやスチームは?

湯揉みやスチームという言葉を聞いたことがある人も多いと思います。

大雑把に言えば、湯揉みやスチームとは、買ったばかりの固いグローブをそれぞれの方法で、柔らかくして、早めに使いやすくする方法です。

キャッチャーミットは湯もみやスチームを一切使わず、自分で型をつけるというツワモノもたまに居ます。

それでは、次のページではそれぞれの違いなど詳細について書いていきます。

次ページ キャッチャーミットの湯もみの是非とは!?
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする