ファーストミット型付け方法は?小指2本入れについても解説!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

「グローブを買おう!」と思ってスポーツ用品店に行き「どれにしよう…」と悩んだことのある人がほとんどだと思います。

今回はファーストミットの選び方や型の付け方小指2本入れについて説明したいと思います。

特にファーストは他ポジションと違って、ファーストミットという特別なグローブを使うので、初めて買う人はかなり戸惑うのではないのでしょうか。

また同時に、湯揉みやスチーム加工についても書いていきます。

ポジションがファーストで、グローブを買おうと考えている人に読んで貰いたいと思います。

それでは早速見ていきましょう!

スポンサーリンク

ファーストミットの特徴

ファーストミットは全ての種類の中で捕球部の広さ、グラブの大きさが一番大きく広いのが特徴です。

捕手の場合は盗塁時の送球で握り変えの場面が多く存在しますが、一塁手に限ってはほぼ完全に捕るためのグラブという位置付けになっています。

野手の送球を確実に捕球しなければならないため、ポケットも広く大きく作りやすくなっています。

ファーストミットの型作り方は?小指は2本入れる?

他の野手と違い送球する場面があまりないため、浅捕りより深捕りが主流になっています。

型作りはしっかりポケットを作り、捕球面を広く使えるようにすることでショートバウンドなどの難儀な球も処理しやすくなるでしょう。

小指部に小指と薬指を2本入れるとポケットが深くなり、捕球しやすくなるのでオススメです!!

近年は小さめのファーストミットが流行っていますが、基本的には大き目のサイズで問題ないと思います。(まずは野手の送球を捕ることが最優先のため!)

色々書きましたが、購入時グローブには、「ファーストミット」と書いてあるので、あまり心配することはありません。

形も特徴的なので間違えて別のグローブを購入してしまう心配はないでしょう。

あとは、自分の好きなメーカーや色、大きさ、形などで購入すれば良いです。

グローブを選ぶ際の私の選び方とは?

スポンサーリンク

私自身、今までグローブは8個も購入しました。

私が購入時一番拘っていたのは、「メーカー」です。

ZETTのグローブの皮質が好きだったので、ZETTのグローブをまず選び、その中から網の形など細かいパーツや色を見て、「かっこいい」と思うものを選んでいました。

ZETTのグローブは、軽くて皮がしっかりしているので捕球時に「パンっ!」と良い音が出るのと、ZETTというロゴも好きでした。

良くネットでは実際に店舗でグローブをはめてみて購入した方が良い、という意見もあります。

グローブ購入の際、初心者であれば店舗で買うことをお勧めします。

しかし、店舗では多くの人がグローブの中に手を入れて変な型が付いていることが多いです。

ですので、店舗で購入する際はできるだけ固くて、型が付いてないものを選ぶことをお勧めします。

また、野球歴がある程度ある方であれば、ネットでの購入やオーダーなどの購入の方が良いと思います。

ネットの方がグローブの数も多く、奇麗な状態で届き、なおかつ安いことも多いからです。

ここまでをまとめると、

・初心者は店舗へ実際に行き、グローブをはめてみる。

・経験者はネットで購入しても良い

と言うことになりました。

店舗で実際に購入するとなると、店員さんに必ず勧められるものがあります。

それは油もみやスチームです。

次のページでは湯もみやスチームについて書いていきたいと思います。

次ページ 湯もみ、スチームについて
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする