駒田徳広の元嫁が生んだ子供は黒人だった?現夫人美佳子さんは?真実は!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

巨人が美しく強かった時代、そこに駒田徳広はいた。

プロ初打席、初安打、初本塁打、初打点、初得点、それが何と満塁本塁打。

駒田と言えば「満塁」、「満塁」なら駒田。

巨人、横浜と渡り歩いた駒田が独立リーグ高知ファイティングドッグスの監督をやっているという。

そして、まことしやかに流れているこの駒田都市伝説。

本当なのか?真実はいかに!

スポンサーリンク

巨人若手50番トリオの活躍

1983年4月10日、今はなき後楽園球場の大洋(当時)戦に衝撃が走る。

巨人の二十歳そこそこの長身選手背番号50が、初回に満塁で左打席に立つ。

マウンドには後に大洋、横浜大洋でエースとなる華麗なる右腕本格派、プロ初登板の右田一彦。

右田が投じた球に、長身左打者の放った打球は快音を残して右翼席に消えていき、ここから駒田の「満塁伝説」が始まる。

あのトロイカ政権最終年のこの年、巨人は見事優勝を果たす。

盤石の3本柱江川、西本、定岡の活躍、主砲原、中畑もさることながら、駒田を含めた二十歳そこそこのトリオが後々の大活躍を彷彿とさせる実績を残す。

背番号駒田50番、吉村55番、槇原54番のこの3名は「50番トリオ」と呼ばれ、巨人優勝の原動力となり、将来に大きな明るい夢をもたらした。

近年の巨人は他球団で活躍した選手を資金力にものを言わせ獲得、「金満球団」などといわれ、それでも優勝できないのかとファン失望の一端となっている。

現在の巨人にもこのようなイキのいい生え抜きの若手の出現を熱望する。

根強い駒田都市伝説

いつごろからなのであろうか、既に昔からなのか、巷をこの駒田都市伝説が駆け巡っている。

駒田は、現役時代一度結婚、1年4カ月で離婚している。

この元妻は高校生のころにミス東北に選ばれたというから、相当な美人なのだろう。

筑波博でコンパニオン、FA(フライトアテンダンス)であったという説もあるし、モデルだったという話もある。

駒田と結婚後、この方が出産するが、その子供が何と「黒人」だったというのだ!

その後駒田は、結婚生活1年4カ月で破局するわけだが、そんな大ショックなことがあったら、しばらくは立ち直れないと思う。

「とりあえず、お疲れ」といったのかどうかわからないが、何とかそのショックを包み隠そうとしたのか、この名言(迷言)を残し、駒田は離婚する。

この都市伝説は、とあるQAサイトでのランキングが上位に位置しているとのことで、静かに深くスプレッドアウトしているようだ。

これは真実なのか、ただの噂なのか?

噂なら何故駒田なのか?

火の無いところに煙は立たないが・・・

駒田・美佳子さんの現在と未来、そして?

スポンサーリンク

駒田徳広55歳、本名は「とくひろ」というらしいが、プロ入り時に呼称を「のりひろ」とした。

離婚後まもなく、駒田は再婚する。

相手は現夫人の美佳子さん。

美佳子さんは高校生のころから駒田の「追っかけ」であったらしい。

駒田の2軍落ちに当時の王監督に猛烈抗議をしたというから、相当な駒田ファンであったのだろう。

結婚出来て喜びもひとしおの美佳子さんは、この「都市伝説」を知っているのだろうか?

まあこの情報過多の時代、知らない方が不思議かもしれない。

そしてふたりは一男一女をもうけ、順風満帆のようにもみえる。

「誕生日プレゼントをもらったことがない」などと美佳子さんがカミングアウトしているようだが・・・

現役時代は何と2000本安打を達成、名球会入りし、ダイヤモンドグラブ賞に輝くこと10回。

巨人の「明るかった」時代、このころはどうもそのイメージが強いが、その中心付近にいたのが駒田だったような気がする。

何かいつも打ちそうな雰囲気がありありとしており、長身のわりに短めにみえるバットをダウンスイングしてライナーを打つ。

これが打者駒田のイメージだ。

まとめ

引退後は解説者、コーチなどを経て現在独立リーグとはいえ、四国アイランドリーグ 高知ファイティングドッグスの監督である。

高知ファイティングドッグスは今期前期2位、後期3位という成績。

ソフトバンク杯というカップ戦では優勝を果たしている。

可もなし不可もなしといった成績のようだが、駒田監督続投ということになっている。

好きな野球に仕事として携わり、55歳という監督としても脂が乗り切った時期、美佳子さんもそばにいるし、子供も一男一女。

駒田は幸せとみえる。

そんな駒田に、一つだけきいてみたいことがある。

「駒田よ、今も養育費払っているのかい?」

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする