ボールボーイファールボーイのバイト募集や給料は?女性でも出来る仕事内容?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

「ボールボーイ・ファールボーイについて」

野球場に行くと必ず居る「ボールボーイ」や「ファールボーイ」の方が居ますよね。

皆さんはその「ボールボーイ」・「ファールボーイ」のこと気になったことはありませんか?

中々周りの友達とかボールボーイやファールボーイをやっている方、やっていた方は少ないと思います。

わたしは気になったので、今回調べてみました。

なので今回は「ボールボーイ」「ファールボーイ」について紹介します。
仕事内容や日給も知らない方が多いと思います。

「ボールボーイ」「ファールボーイ」分けて紹介します。

先ずは「ボールボーイ」からいきます。

スポンサーリンク

ボールボーイとは?


ボールボーイはベンチの横に座って居ます。
野球中継などで必ず一回はボールボーイを観ると思います。

ボールボーイの仕事内容としては主に分けて3つです。

・試合前の準備作業の補助
・折れたバットの片付けや球審にボールを渡す
・選手が記録を達成したときの花束贈呈

上記が主な仕事内容となっています。

1番上の準備作業の補助とはライン引きの補助となりますね。

あまり意識したことが無かったのでボールボーイの子がライン引きの手伝いをしているのは調べてみて初めて知りました。

折れたバットやボールを球審に渡すのは野球を見てれば気づきますよね。
それと選手が打ち終えたバットが転がりますよね?
そのバットを片付けるのもボールボーイの仕事です。

花束贈呈も羨ましい仕事ですよね。

大抵ボールボーイになる方は野球が好きな方がやると思います。
間近でスター選手を見れるなんて「いいな」の一言です。

でもわたしみたいに仕事と個人の感情を入れてはダメですよね!笑

そして「ボールボーイ」と言うくらいですから男の子だけだと思いがちですよね?
それは違います。
「ボールガール」もいます。

女性はボールガールと呼ばれる

ベンチの横に男女1人ずつ座っています。
ボールガールもやる事はボールボーイと変わりません。

そして気になるのはボールボーイやボールガールにどうしたらなれるのかってことですよね。

それではボールボーイやボールガールのなり方について書いていきます。

ボールボーイやボールガールのバイトの募集や仕事内容は?

スポンサーリンク

もう今年のシーズンは終わってしまっているので募集はされていませんが、東京ドーム主催のゲームではボールボーイやボールガールを募集していました。

東京ドームシティーのアルバイト募集で探してみたらヒットしました。

日給6000円でしたね。
試合前の1時間前に出勤し終わりは試合終了の30後と記載されていました。
デイゲームの場合も同じです。

ですが、ボールガールの場合は試合前の30分前集合でボールボーイと多少時間は異なります。
終わり時間はボールガールもボールボーイと同じです。

もちろんグランド内にいるのでヘルメットを着用します。
やはりグランド内は危険なところでもあります。
集中してボールの行方を見てないと危険です。

わたしの若いときにこの募集を見ていたら間違いなく募集していましたね。
採用まで書類選考、面接、実技試験があります。

野球経験者の方がやはり募集する方が多いみたいですね。

日給も6000円からとなっていました。

給料は昇格することもあるみたいです。

気になる方は来年東京ドームシティーのアルバイト募集で探してみてください。

以上がボールボーイの仕事内容と日給です。

ファールボーイとは?仕事内容や給料は?

こちらの主な仕事はファールゾーンに飛んできたボールを取ります。

外野の手間椅子に座ってグローブをはめている人がいますよね。
それがファールボーイの子です。

こちらは野球経験者じゃないと仕事的には厳しいかと思います

ファールボーイ日給についてはいくら調べても出てきませんでした。

多分ボールボーイと同じ募集扱いなんだと思います。
などで日給は6000円からだと思います。

以上がファールボーイの仕事内容です。

「まとめ」

どうでしたか?
ボールボーイやファールボーイの年齢制限は28歳までですね。

選手と同じでベンチから臨場感のある球場の雰囲気を味わえるのがボールボーイです。

選手が打ったボールを取れるのがファールボーイです。

ボールボーイの日給はあくまでも東京ドームシティーの場合です。

他の球場のボールボーイはまた少し違うと思います。

ですが仕事内容はさほどの違いはどの球場のボールボーイもないと思います。

今回は以上です。

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする