内野手用グローブ型付けおすすめの方法とグローブの選び方

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

今回は内野手用のグローブの選び方と、型付け方法について説明したいと思います。

内野手用といっても、ファーストはファーストミットという専用のグローブがありますが、セカンド、サード、ショートとそれぞれのポジションで同じグローブのように見えますが、実は少しずつ違いがあります。

ポジションは内野になったが、どのグローブを買おうか悩んでいる人に向けた記事です。

ぜひ読んでください!

スポンサーリンク

内野手用グローブセカンド用(二塁手)の特徴

セカンド用のグラブは、全ての野手の中で一番小さめに作られているのが特徴です。

「ボールを掴んで捕る」というより「グラブに当てて捕る」(当捕り)というイメージで使われることが多く、ゲッツー(ダブルプレー)の際などに素早く送球するために作られています。

守備の名手として知られるジャイアンツのクルーズ選手や広島カープの菊地選手は素早い送球が必要なときは、捕球の際グラブを閉めることなく右手で抑えてそのまま握り変えて送球しています。

内野手用セカンドのグローブの選び方・型作り

掴むというより当てるという動作になるので、捕球面を広くとり、握り変えが一番しやすい浅捕りで型作りをし、グラブが大きく開くようにしなければなりません。

もちろん守備の際は掴むことも出てきますので、ポケットを浅目につくることも重要になります。

グラブは手にぴったりフィットするサイズが一番好ましいです。

内野手用グローブショート用(遊撃手)特徴

スポンサーリンク

ショート用グラブは、セカンドとほぼ同じか、またはセカンド用とサード用の間のサイズというのが特徴です。

ショートというのは早い打球の処理、守備範囲、握り変え、など多くの場面を要するため小さすぎず大きすぎず、ポケットも深すぎず浅すぎずを選ばなければなりません。

グラブの大きさや硬さなどは好みによって分かれます。

内野手用グローブショート用の選び方・型作り

実際にはセカンド用と併用している選手や、セカンド用を使用している選手もたくさんいます。

その辺は好みで問題ないかとは思います。

型作りはセカンド用と同じようにポケットを浅めに作り、素早い握り変えができるように型付けをおこなっていけば良いでしょう。

内野手用グローブサード用(三塁手)特徴

サード用グラブは、内野のセカンド、ショート、サードの中でも一番大き目のグラブというのが特徴です。

何故かというと、打者からの距離が一番近いため早い打球が多く、それらに対応できるようにするためです。

また、セカンド用と比べてポケットをやや深めに作られるのが主流となっています。

セカンド、ショート用より多少分厚めです。

内野手用グローブサード用選び方・型作り

打者からの距離が近い分、早い打球への対応が非常に多いのでセカンドやショート用よりやや大きめのサイズと、ポケットの深いものを選ぶのがベストです。

硬式用は多少分厚いものも選んだ方が良いかと思います。

型作りは、握り変えに支障が出ない程度に、ポケットをやや深めに作ることが重要です。

グローブを選ぶ際のおすすめメーカー

私自身、長年、野球を続けていたこともあり、今までグローブは8個も購入しました。

私が購入時一番拘っていたのは、「メーカー」です。

ZETTのグローブの皮質が好きだったので、ZETTのグローブをまず選び、その中から網の形など細かいパーツや色を見て、「かっこいい」と思うものを選んでいました。

ZETTのグローブは、軽くて皮がしっかりしているので捕球時に「パンっ!」と良い音が出るのと、ZETTというロゴも好きでした。

また、良くネットでは実際に店舗でグローブをはめてみて購入した方が良い、という意見もあります。

グローブ購入の際、初心者であれば店舗で買うことをお勧めします。

しかし、店舗では多くの人がグローブの中に手を入れて変な型が付いていることが多いです。

ですので、店舗で購入する際はできるだけ固くて、型が付いてないものを選ぶことをお勧めします。

また、野球歴がある程度ある方であれば、ネットでの購入やオーダーなどの購入の方が良いと思います。

ネットの方がグローブの数も多く、奇麗な状態で届き、なおかつ安いことも多いからです。

お勧めの型付け方法、湯揉みやスチームとは?

湯揉みやスチームという言葉を聞いたことがある人も多いと思います。

大雑把に言えば、湯揉みやスチームとは、買ったばかりの固いグローブをそれぞれの方法で、柔らかくして、早めに使いやすくする方法です。

湯もみやスチームで型をつけるメリットとデメリット

メリット

・グラブが新品の状態から早く練習や試合で使えるようになる。

・ボールを収める空間(つまりポケット)を作りやすい。

デメリット

・色移りやにじみ。

・シミが出る可能性がある

・型がイマイチの時がある

・紐が切れやすくなる。

まとめ

初めて買う人は、ネットなどではなく、実際にスポーツ店に行って、店員さんと話しながら購入すれば間違いありません。

グローブに一番大事なのは「愛」です。

愛着のあるグローブを選び、相棒として大切にしていきましょう!!

今回の記事は以上になります。

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする