戦力外通告と自由契約の違いや意味は?任意退団についても秒で理解!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

今回の記事には、戦力外通告と自由契約の違う部分に的を絞ってご紹介します。

さらには、自由契約と任意引退の異なる部分に関しましてもご紹介していくつもりです。

少し長くなるかもしれませんがお付き合いください。

例年、10月になればスポーツ紙等に、戦力外通告・自由契約・任意引退といった報道等が軒並み並ぶ様になりますね。

戦力外通告も、自由契約も、任意引退も、プロ野球選手が現役生活を引退するとでもいうべき認識が見受けられます。

本音を言えばそういうふうな認識に思い違いはないと思われるけど、戦力外通告、自由契約、任意引退の中身に関してはまるで違うところが見られると思われます。

今回はこの記事で戦力外通告と自由契約・任意引退に関して、理解しやすくご紹介して行きたいと思います。

それでは早速見ていきましょう!

スポンサーリンク

戦力外通告とは?

戦力外通告とは
戦力外通告は、球団が所属選手に対し翌シーズンの戦力構想の中に考えていない、次シーズンは契約を結ばないと通告を行なう事を示しております。

一般的な企業の観点では解雇通告と同じようなものですが、原則的には事前通知。

戦力外通告が実施されてた時点では、対象の選手はまだ球団に所属をしていることであります。

戦力外通告の行われる時期とは?

スポンサーリンク

戦力外通告は、365日毎日可能であることを示しているのではなく、タイミングが決められています。

戦力外通告は、第1次通告期間と、第2次通告期間の2回に区切って実施されます。

第1次通告期間の始まりは、10月1日から。

第1次通告期間の最後は、セ・パ両リーグのレギュラーシーズンを終えた次の日まで。

第1次通告期間は、スタートの日は確定されてあるにもかかわらず、最後の日は対象の年毎に全然違うということが特有です。

第2次通告期間の始まりは、クライマックスシリーズ全日程終了後次の日より。

第2次通告期間の終了は、日本シリーズ終了次の日まで。

ただし、日本シリーズに出場したチームは、日本シリーズ終了の5日後迄になっているんです。

第2次通告期間は、開始日の日も最終日もそれの年毎にバラバラです。

戦力外通告が行われる理由とは?

戦力外通告が実施されてるのには、球団に対してもプレーヤーに対しても事由が存在します。

とりわけ、球団と選手の契約期間は、2月1日から11月30日至るまでと規定されています。

その上、プロ野球として原則的には70人という支配下登録選手の制限枠があって、この他には10月後半においてはドラフトだって実施されます。

各球団はドラフトで新しく来る選手の人数を念頭に置いた上で、支配下登録選手の70人枠までキープしなくてはいけないのです。

それに伴って、球団は戦力にならないと判別をしてしまった選手に対し、戦力外通告を開始することにつながります。

一方で、選手も限られた例外以外では単年契約で立場においては不確実です。

例えば、どんな時でも解雇可能ならば選手の立場は不安定状態に立たされたようになっていくというわけですし、再就職や他球団入りの為の調整を行うことだって不可能になります。

そのような不安定さ、あるいはそれ以降の選手のプランをわずかながらでも円滑化に繋げる効果を期待して確立されたというのが、戦力外通告ということです。

育成選手の戦力外通告

戦力外通告は、支配下選手に対しのみなされるものとは違います。

育成選手にだって実施されます。

支配下選手が育成契約の選手に変更となるケースでは、支配下選手としての契約は結ばないという戦力外通告が済んだら育成契約を締結します。

また、育成契約の年数は最高で3年なのです。

育成選手として3年を過ぎた選手は、戦力外通告を受けた上で、再び育成契約を交わすことになるわけです。

戦力外通告と自由契約・任意引退の違いとは?

スポンサーリンク

戦力外通告を務める所は、その選手が所属する球団です。

すなわち、戦力外通告は基本的に球団の決断になります

戦力外通告といった球団の意志決定について、選手も自主的に意思決定を行なう手立てが残ってるのです。

他の言い方をすれば、これが自由契約や任意引退となっています。

では、自由契約と任意引退においてはどんな風な違いが出てくるのだろうか。

理解しやすく言えば、選手が現役を継続したい場合に選択するのが自由契約。

現役を引退するシーンで選ぶのが任意引退となっています。

戦力外通告と自由契約・任意引退については大きな相違点があります。

また、自由契約と任意引退にも全く違うところが見られます。

続いて、次に自由契約と任意引退のそれぞれにあたって、解説していきましょう。

自由契約とは?

自由契約とは

上記の通り、戦力外通告は球団の選手を対象にした意思表示になります。

一方自由契約は、選手の現役を継続したいといった意志を加味した上で、球団がNPB(日本野球機構)に行う事務手続きとなっています。

球団と選手の契約は、11月30日に最後になります。

契約期間の満了が終了して、球団は毎年11月30日に次年度契約保留選手名簿を作って、12月最初の平日に公開を行います。

次シーズンの契約保留選手名簿に登載されないで、かつ、現役続行することを希望する選手は、公開の際に「自由契約選手」として公開されます。

選手を対象にした自由契約のニュースはそれより先に新聞等々でされてるのですが、当該の選手が本当に自由契約選手になるのは自由契約選手となって公示を行なったタイミングになります。

自由契約を迎えた選手は、自由に移籍球団を見付け出すことのできる様になりますね。

例年、注目を集めるのがトライアウト。

トライアウトは12月上旬に行われる傾向が高いようですが、トライアウトは自由契約の状態になった選手が、次の所属球団を見つけ出す公の場ということで、ファンにしても注目を浴びてるのです。

こんな例外もある自由契約!

戦力外通告があって、それ以降自由契約となる。

戦力外通告は球団の意志決定となっていて、そのやり方はただの通告。

一方で、自由契約は選手の心の準備を尊重してとられるきちんとした事務手続き。

戦力外通告と自由契約では、この部分で大きな相違点が存在します。

また、戦力外通告と自由契約では、タイミングにも相違があります。

因みに、戦力外通告と自由契約ではこれらのように大きな違いが見られるものの、多くのケースは戦力外通告が施されて自由契約になるとでもいうべき、プロセスという形で認知されてるのです。

しかしながら、自由契約は別の都合でおこなわれることも考えられます。

分かりやすく言うと外国人プレーヤーに結構多い実例なんですけれども、球団と選手の年俸交渉といった折合いがつかないケース。

合意が得ることができてないので、その選手の名前を契約保留選手名簿に登載するということが出来ません。

このようなケースでは、その選手を自由契約選手に持ち込んだ上で、契約交渉をしていくことになります。

また、FA権を有した選手にでも自由契約という考え方が活用されることがあります。

選手がFA宣言を行なうと他球団といった交渉ができます。

けれども、その選手の年俸が本来高い金額でいたケースでは、より一層年俸が高騰する確率の高い選手を受容してくれる球団がでないことも想定されます。

また、年俸が高い選手をFAで獲得すれば、獲得をした球団が人的補償を求められてしまいかねません。

FAということは選手の待遇改革に及ぶかもしれませんが、反面は選手が職を失う可能性もあります。

しかしながら、元々の球団がその選手を自由契約と位置付けておくことで、交渉した球団は年俸の巨額アップを回避できますし、人的補償の必要なくなっていくのです。

そういうパターンのときの自由契約は、元の球団の温情的な処置と認識される傾向が強いようです。

前述したように、自由契約にはかなりの形式が存在します。

任意引退とは?

自由契約も任意引退も、選手の考えであることに差異はないが、この意向の行先には大きな相違点があります。

戦力外通告を受けた選手が、現役を退場する場合に選択するのが任意引退になります。

任意引退の分かりづらい所は、任意引退を実施してもその選手を対象にした保有権は、基本的に元の所属球団に存在するという所です。

そういう理由で、任意引退をした選手は思うままに他球団に向けて移籍は出来ません。

自由契約と任意引退では、この点にも大きな違いがあるのです。

仮に怪我か元で現役を断念した選手が、しばらく経って怪我が快復して現役復帰ができるようになっても、任意引退のケースでは元の球団の許諾が無くては他球団に移籍を行うことが出来ません。

このことはプロ野球界への復帰にとどまらず、アマチュアで指導者に取り組んでみたいと考えた際も同じなのです。

このような状況では、元の球団から再び自由契約としてもらい、そうしてから移籍や指導者への道を進展することになります。

ちなみに、現役選手が元の球団のコーチや球団職員となるケースでも、任意引退の手続きがとられる傾向が強いそうです。

引退表明の場合の任意引退

シーズン中に、実績がある選手や高齢の選手が「シーズン限りでの引退」を公言するケースがあります。

現役引退表明は、選手自らが決定するケースもあれば、球団に契約の更新しないというのを内々で伝えられて行うのもあります。

こういった引退も、厳密にいったら「任意引退」なります。

任意引退と比べて単なる引退の方が、世の中のイメージは良いかもしれません。

まとめ

今回の記事では、戦力外通告と自由契約・任意引退の違う所を詳しくご紹介してきました。

大抵は、球団より選手に対し戦力外通告を行う。

戦力外通告を受けた選手が現役を続行を望んだケースだと自由契約。

一方で、現役を引退すると決めたケースでは任意引退となっています。

戦力外通告と自由契約・任意引退は、球団が所属選手に対して最低限でも一度は契約を絶つという意味では同様です。

でも、戦力外通告と自由契約と任意引退では、大きな違いもあるようです。

余談ですが、プロ野球選手は個人事業者なのです。

そのうえで、プロ野球の選手の人生はあまり長くはないです。

プロ野球は実力の世界。

契約の取り止めはしょうがないにせよ、戦力外通告・自由契約・任意引退というようなことは、選手自身が自分自身の未来をきちんと考えられる制度であり続けてほしいと感じます。

今回は以上になります。

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする