星稜中学校野球部注目選手は?優勝メンバーの今後が楽しみ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

星稜中学野球部の注目選手や、優勝メンバーの中に注目選手がいるのでこの記事でご紹介したいとおもいます。

ドラフト会議も終わり有望な球児たちが続々とプロの世界の扉を開けましたね。
楽しみな球児たちがどんな活躍をするの今から注目していきたいですね。

もっと掘り下げてみて、「中学野球」に注目したことはありますか?

皆さんはプロ野球や高校野球は見ても中々中学野球は気にして見てはないと思います。

確かにテレビでやってる訳でもありませんし、スポーツニュースで報道される訳でもありませんよね。

わたしも中学野球は気にしたことがありません。

中学生のお子さんがいるご家庭なら毎週野球があるので楽しみの1つですよね。

わたしの中で1つ気になる中学校があります。
それは「星稜中学校」です。

今回そんな星稜中学野球部のメンバーについて記事にしていきたいとおもいます。

それでは早速見ていきましょう!

スポンサーリンク

星稜中学校野球部注目選手は?

有名なところで言うと高校の方ではありますがゴジラこと松井秀喜さんがOBで居ますよね。

そんな星稜中ですが、有望な選手がいるんですよ!
「萩原吟哉」選手です。

やはりまだ知名度的には中学生ということもあって知らない人の方が大半だと思います。

星稜中は現在逸材揃いらしいです。
それについても紹介していきたいと思います。

星稜中学野球部の優勝回数が凄い

チーム自体も非常に強いみたいですね。
最近で言うと8月にあった金沢市の中学校野球大会で優勝しています。
3年連続の6回目の優勝でした。

そして、全日本少年軟式野球大会では準優勝しました。

今年だけ5回各大会で優勝をしています。
去年はなんと9回各大会で優勝しています。

チームの目標も負けないチームづくりをモットーにしているみたいですね。

それにしても強いですよね。
去年で言えば出る大会ほぼ優勝しています。
まさに負けないチームですよね。

そして、史上初の全日本少年軟式野球大会で春夏と連覇もしています。

この成績は次元が違いすぎます。

いくら強豪校でも1つの大会で優勝するのも中々簡単なことではありません。

それなのにこんだけの大会で優勝をするのは日々の厳しい練習成果が結果となる最高の形として返ってきてますよね。

星稜中学の優勝メンバーの中でも注目選手は?

スポンサーリンク

そして、先程紹介した「萩原吟哉」選手ももちろんスタメンとして試合に出ています。
春夏連覇に大きく貢献をした1人でもあります。

調べていたら萩原選手が投げている映像があったので見てみましたが身体はそこまで大きくありません。
右投げのピッチャーです。

メインポジションはピッチャーですが、ショートとしても試合には出ています。

萩原選手の武器は130キロを超えるストレートです。
中学生で130キロは中々投げれるもんじゃありませんよ。

バッターからしたら恐怖もありますから簡単にはうてませんよね。

中学野球の場合のピッチャーは変化球を多く投げません。
それは怪我予防のためです。

なので9割ストレートといっても過言ではありません。

打っても3番を打っています。
まささに投打の要ですね。

現在萩原選手は3年生ですが、2年生のときの大会ではノーヒットノーランも達成しています。

その試合も7回ツーアウトからのフォアボールなので、あと1人で完全試合をする程の試合展開でした。
中学野球は9回までではなく7回までなので、ほぼ完璧なピッチングですよね。

中学野球とは言え中々ノーヒットノーランは出来ませんからね。

それに星稜中の試合結果を数試合見ましたが、なんと言っても守備が凄いです。

完封試合が多くあまり3点以上取られてないと思います。

わたしが見た数試合だけなのかも知れませんがそれでも守り勝つ野球ですよね。

仮に同い年で相手チームに萩原選手がいたらわたしなら絶対打てませんね!笑
130キロなんて中学生のとき打てましたか?
ビビりますよ。怖いです。笑

「まとめ」

今回は星稜野球部と萩原選手について紹介しました。
あまり中学野球なので情報あまりないです。
ですが中学野球とは言え凄いまとまりのあるチームと言えることは分かってもらえたと思います。

来年萩原選手たち高校球児となり甲子園などで活躍したら数年後間違いなくわたし的にはスカウトの目に留まりドラフト選手候補に名前が上がる選手だと思います。

だって130キロを中学生で投げる子ですよね?

今からもっと注目されてもおかしくはありません。

皆さんも是非この機会に萩原選手に注目してみてください。
必ず数年後注目される選手の1人ですよ。
なので覚えといてくださいね。

今回は以上になります。

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする