中田翔残留!FA権行使せず!年俸や日ハムに残留が決まった話

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

日本ハムの中田翔内野手が14日、札幌市内の球団事務所で記者会見をし、今シーズン獲得した国内フリーエージェント(FA)権を使用せずに、残留する事を宣言しました。

球団と議論を積み重ねる内で、思案を経た果てに決定。

日本一を成し遂げた昨季より一転、Bクラスに低調してしまったチームの為に、改めて北海道に優勝の要因となる責務を負う考えだそです。

「この期間、有意義に過ごさせてもらい、いろんな方といろんな話をして、最終的に家族としっかり話してこういう決断をしました。一から頑張らなければいけないという気持ちです」

と意気込みを会見で語りました。

そんな中田選手は2008年ドラフト1位で大阪桐蔭から入団し、3年目の11年にレギュラーに獲得。

栗山英樹監督が就いた12年から4番に座り、14年と16年には打点王のタイトルを獲得。

13年から16年まで4年続けてベストナインに選ばれるなどなど、球界に欠かせない打者と成り得ました。

昨季は自己最多の110打点を挙げて日本一に貢献しながらも、ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に参加した今シーズンはバッティングの不振に深く悩みました。

今シーズンは129試合に出場して、打率.216、16本塁打、67打点と不本意な結果に終わった。

プロ11年目となる次シーズンは気分新たに、巻返しを目指します。

今回の記事では、日ハム残留を決意した中田翔選手について書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

中田翔がFA行使をせず残留決定!年俸は?

まずは昨シーズンの年俸から見ていきましょう。

昨シーズン2016年の中田翔選手の年俸は、2億8千万でした。

今回の契約更改では中田選手の年俸は8千万ダウンとなりました

ということは中田選手の年俸は2億円ということになります。

結果中田選手の翌シーズンは2億円プラス出来高と言うことになりますね。

では何故、中田選手はFA権を行使せずに、残留と言う道を選んだのでしょうか?

中田選手がFAを行使せず、残留を選んだわけは?

日本一を達成したし、もともと中田選手は日ハムという球団に対して入った当初はダサいとかけなしていたので、FA権を取得したら、行使し、移籍を考えているのかと思っていました。

ですが、残留という道を選びました。

その本音には、昨シーズンの結果が背景にあるように思います。

今回残留するにあたって開かれた会見にて、中田選手はこんなことを口にしました。

「ファンを裏切れない」

「シーズン終盤はファンの方に(お前が必要という)横断幕をかけてもらって、心の底からうれしかった。ファンの皆さんを裏切っていいのかと思った」

チームの精神的な柱として、やはりファンからも必要とされているんですね。

中田選手はなんだかんだ言って人情深い選手ですね。

こういった選手は成績うんぬんよりも存在感でチームを引っ張っていっているような感じがしますね。

中田選手が残留を選んだからには来年こそ日本一へ

スポンサーリンク

大谷選手が居なくなり、清宮選手がドラフト1位で入団してきます。

さらに、中田選手が残留となると、日ハムの話題性はまだまだ衰えることはないように思います。

来シーズンは中田選手を中心にチーム一丸となって、日本一を再び達成して欲しいですね。

中田選手プロフィール

中田 翔(なかた・しょう)1989年(平元)4月22日、広島県生まれの28歳。

大阪桐蔭では1、2年夏、3年春と3度甲子園出場。

07年高校生ドラフト1巡目で日本ハム入団。

14、16年に打点王。

ベストナイン4度、ゴールデングラブ賞2度。13、17年のWBC日本代表。

1メートル83、104キロ。

右投げ右打ち。

10年目の今季は打率・216、16本塁打、67打点という記録を残す。

3月のWBCの疲労、開幕直後の右内転筋痛が影響し、今シーズンは低迷してしまいます。

来シーズンは残留も決まり、再びの日本一へ巻き返しの年になる。

日ハムは将来の4番候補として、高校通算111本塁打の早実・清宮をドラフト1位指名。

同87発を放った大阪桐蔭時代から日本球界を代表する主砲にのし上がった同じ一塁手は、清宮にとっても追うべき存在になる。

中田選手も言っていましたが、やはり清宮選手は刺激になるようです。

これはライバル視しているといっても過言ではなさそうですね。

今回は以上です。

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする