21世紀枠の基準とは?春の甲子園で選抜される高校の野球部の謎の基準に迫る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

今回の記事では高校野球、春の選抜甲子園大会において21世紀枠で選抜される高校の基準について書いていきたいと思います。

今思えば、21世紀枠という制度が始まってからもう、十数年がたとうとしています。

そんなに新しくない21世紀枠という制度ですが、いまいちその制度の基準や21世紀枠に選ばれる高校の基準と言うのが正直明確化しているとはいえない状況ですね。

とはいえ、高校野球連盟が発表している文言では基準と言うのを一応は提示しては居ますが、本当にこの基準で選んでいるのか?

と疑問に思う高校の野球部もたまに存在するのは否めないと思いませんか?

選ばれる高校の実力としては、甲子園で勝っている試合もあるので実力的なことはいえません。

選手も一生懸命試合をしているのでそこはいじる気もさらさら無いですが、選考基準についてはいじっていきたいと思います。

今回はこの記事では21世紀枠に選ばれる基準と言うのを分かりやすく記事にまとめたいと思います。

それでは見ていきましょう!

スポンサーリンク

21世紀枠とは?選抜甲子園で、21世紀枠が作られた機運について

21世紀となってはじめての春選抜大会を向かえた2001年(平成13年)第73回の事。

新たな世紀・21世紀となって、高校野球の選抜においても今までなかった変化が実現されました。

それが21世紀枠です。

基本的には、部員が不足している状況などの逆境の乗り越えたチーム。

あるいは文武両道で他校の理想と考えられるチーム。

あと一息で甲子園ながらも絶好のチャンスを逃し続けているチーム。

というものを別枠で選抜甲子園に出場させ、大勢の野球部員に夢と希望を与えようといった内容。

このようにして21世紀枠は

「秋季大会の成績に限定されない『清新の気風あふれたチーム』の選択」

といった意味合いをもって新たな形で取り入れられました。

プロセスとして、はじめに各都道府県連盟の推薦を介して1校が判定されます。

その後各地区推薦1校が選び出される仕組みとなっています。

そのうえで地区推薦校の内より選抜出場校が選出されるながれになっています。

最終選考会での候補校のプレゼンテーションは各都府県連盟理事の持ち回りだそうで、同じ地区の他都府県の学校をアピールする状態にもなり得ます。

21世紀枠で選び出されるには秋季都道府県大会ベスト8越え、加えて参加128校を超える都道府県はベスト16強の結果を出すことができているというのが基準ということになります(2010年の候補校条件緩和により条件に「原則」が付記された)

これらの条件を満たした学校が次にあげる基準をベースに推薦されます。

1.他校の模範になる

2.困難条件の克服

3. 予選で好成績を残しているが甲子園と言う結果になかなか結びつかない高校

ようは、施設面や環境面のハンディを乗り越え、なおかつ実力も伴っていて他の高校の模範になるような野球部ということですね。

そういった高校を甲子園に出場させることにより、高校野球部員全体のモチベーションを高め、目標に向って努力することの美しさや感動を伝えることを目的としているんですね。

これは素晴らしい制度です。

ですが、高野連が基準を明確化していても、それに納得できない人も中には居るはずです。

ベスト16以上が県内での基準となっていますが、参加高校の少ない県ではその基準もあいまいです。

では、分かりやすく基準を書いていきます。

21世紀枠の基準とは?

決定される基準

・128校よりも多い都道府県ではベスト32以上の成績

・これ以外の県ではベスト16以上(2013年以降) こちらの基準ならば、参加校が32を上回らない県だと、県大会初戦敗退でも甲子園に出ることができることも考えられます。

なおあてはまる県は・福井県・鳥取県なのですが、 要するにこの辺は、あっても”無いような基準”だということです。

・地域の特色等のような苦難を乗り越えた学校

・部員不足やグラウンドが無い、豪雪地帯などの学校

・ボランティア活動などの野球とは違った活動を考慮しての地域貢献で他校の模範になり代わる学校 という初期の選出においての条件でしたが、

ここ数年、他校の模範=進学校

予選成績=甲子園出場一歩目前の結果

出場から”より”遠ざかっている学校 (過去に優勝実績を持つ学校や、県内では強豪とされる学校)

という内容が選考基準のポイントようであるといえるでしょう。

そういう点に合致した高校が、これから挙げるステップで絞り込まれます。

スポンサーリンク

選出の流れ

・各都道府県の高野連が推薦校1校を判断

・その内から日本全国9地区毎に代表推薦校を選出

・その中の9校より3校を21世紀枠となって選出 当該の3校の内、

・東日本東海以東で1校・西日本近畿以西で1校、・別途1校選び出される形になります。

その内、『別途』という考え方が、いまいちハッキリわからないので、

「同一の敷地内に夜間定時制と通信制の高校が併設がなされて、練習が制限を受ける状態で秋の県大会4強入り。」

「全校生徒が日本赤十字の会員で、青少年赤十字モデル校の認定を受けてある」

「他の部活動との共有グラウンドでも、創意工夫を凝らした練習で解決。」

「地域内の清掃実践に進んで出席。運動部員が地域の少年野球チームへ野球教室を行なっている。農家の手助けを行なっている。」

と言ったような、活動、他の高校の模範となるという面を補っている必要があると言うことですね。

そういった高校こそが、まさに21世紀枠の基準に合致した高校ということにあてはまるのでしょう。

それでも21世紀枠の基準に不透明さが残るのは否めない

高野連は21世紀枠の基準にのっとった形で、高校を選抜しているのかもしれませんが、正直選択に不透明さが残る感は否めないと思います。

ましてや、自分の高校が21世紀枠に選ばれるかどうかの当落選上に居ればなおさらですね

でも、良く考えてみると、選抜の際に各高校が行なってきた地域貢献活動や、梨農家の手伝いを行なっている様子を点数化すれば、みんな納得なのかもしれませんが、そんなの野暮だとおもいませんか?

結局のところ、基準と言うのは、高野連が決めるもので、高野連なくしては高校野球の運営も、高校野球の感動も無いのです。

今後も甲子園には21世紀枠の高校が多数出場することでしょう。

そういった高校は、数々の逆境を跳ね除け、他の学校の模範となり、なおかつ実力もある高校という高野連お墨付きの学校と言うことになりますね。

その高野連のお墨付きをもらうのには、県の高野連、地区の高野連の評価が高いからこそもらえるものなのでしょう。

ざっくり言えば、単純にお気に入りで決められているわけではなさそうと言うことが今回調べて分かったことが良かったかなとおもいました。

まとめ

21世紀枠という制度については分かりやすかったでしょうか?

この制度はまだ歴史が浅く、改善の余地もあるとおもいます。

ですが、甲子園に出場を果たした高校というのは数々の逆境を跳ね除け、試練や壁を越えた結果です。

その中には人々の感動を呼ぶドラマがあり、またこれを演出しているのが高野連なのかもしれません。

21世紀枠だから、実力を認めないなんてもう時代遅れかもしれませんね。

21世紀枠だからこそ、野球以外の部分で評価されているのでしょう。

21世紀枠だからこそ、甲子園に至るまでに、勝つ嬉しさ、負ける悔しさと言うのを知っているから予想外の番狂わせを生み出す、感動を呼ぶプレーが出来るのかもしれませんね。

今回は以上です。

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする