社会人野球のマスコットガールって誰?仕事内容やなるにはどうすれば良いか調査!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

今回の記事は社会人野球マスコットガールについて書いていきたいと思います。

社会人野球にはマスコットガールという方が居ます。

マスコットガールってご存知ですか。

社会人野球の都市対抗や日本選手権などテレビの映る大会では良く目にするかと思いますが。

でもその存在と言うのが明かされていないのが実情ではないでしょうか?

自身もその存在が気になったので調査をしてみました。

それでは早速、社会人野球のマスコットガールについて記事にしていきたいと思います。

では、記事本文に行ってみましょう!

スポンサーリンク

社会人野球のマスッコトガールとは?

マスコットガールとはベンチに居るお姉さんのことですね。

ボールボーイやボールガールとは違った役割をしています。

その存在は、社会人野球の一発勝負のトーナメントにおいて、花を添えてくれる存在となっています。

大きな大会、都市対抗や、日本選手権で優勝したあかつきには、勝利の女神なんていわれっちゃったりしますね。

そもそもマスコットガールにはどうやったらなれるの?

って思っている方もいらっしゃいますよね。

実は社会人野球のマスコットガール各企業チームの運営会社に雇われています。

1年毎に変わっているチームもあれば、数年単位でマスコットガールを務めている方もいらっしゃるようです。

社会人野球チームのマスコットガールになるには?

社会人野球は企業の野球チームなので、選手はもちろんマスコットガールなどの人もその野球チームの企業の社員さんの人です。

もちろん全チーム(企業)がそうです。

若手の女性が主に対象です。

普段の仕事ぶりなどもマスコットガールに選ばれる条件みたいですね。

ちなみに、出身大学や、出身地域で、ミス〇〇なんかになっていたりすると選考の際に有利になるそうです。

今はネット社会ですからね、悪いことをしてたりしたらすぐに身元が判明して企業のイメージダウンになりかねませんからね。

社会人野球のマスコットガールの役割とは?

スポンサーリンク

選手と同じユニホームを着てチーム企業の宣伝なんかもします。

特にベンチにいる方は可愛い方や美人の方が多いみたいです。

画像で見ましたが確かに可愛い方や美人の女性の方が多かったですね。

それに加え、大会の開会式などで、プラカードを持って入場をするのもお仕事の内の一つですね。

あとは、ホームランを打った選手をお出迎えする、ホームランガールと言われる役割をすることになっています。

ホームランを打ったら、スポーツニュースやハイライトで絶対使われる尺なので、ここはマスコットガールのお姉さん、出ないわけにはいかないでしょう。

目だってナンボですからね!

社会人野球のマスコットガールが美人の女性が多い訳は?

それはテレビに映る可能性が高いからだそうです。

テレビに映る=企業の宣伝になるからです。

試合の勝ち負けも当然大切なことですが、企業の宣伝も大きな仕事の1つですからね。

あまり表での活動内容はニュースなどでは、フューチャーされていませんよね。

一部ファンの間では〇〇さんが可愛いなどでネット上では盛り上がっているみたいです。

ちなみに、今年ネットで可愛いと言われていたのは東邦ガスの方みたいです

調べてみたら結構な美人さんでした。
まさに東邦ガスさんからしたら、いい宣伝ですよね。

コアなファンからしたら社会人野球のマスコットガールの存在も楽しみの一つ

調べていたら社会人野球のマスコットガールの場合はどのチーム(企業)のマスコットガールが可愛い子が居るか楽しみにして居る方も多いみたいです。

まぁ分からなくも無いですけどね。笑

社会人野球の場合は仕事をしながらの野球だったり応援だったりするので大変ですよね。

野球の方ばかりに注目されがちですが、これからはマスコットガールの方にも注目したらより一層楽しめるかも知れませんよ。

「まとめ」

ネットで各チーム(企業)のマスコットガールを調べてみました!

やはりどのチーム(企業)も可愛い方を揃えてきてますね。

宣伝効果を狙っているんでしょう。

先程も言いましたがやはりネット社会なので、話題になれば良いイメージが付けば凄いプラスになりますよね。

結構調べてみると面白いですね。

自分の好きなチーム(企業)とか知名度のある選手とかがもしいればそこのチーム(企業)のマスコットガールを調べてみるのもいいかも知れませんよ!

マスコットガールについては、ネットで検索すれば見れるチームもあるので皆さんもお時間があるときに調べてみてください。

今回は以上です。

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする