高校野球甲子園春夏の違いは何?違いを比べてみた!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

この記事では高校野球甲子園大会の春と夏の違いについて書いていきたいと思います。

1年の内に開かれる甲子園大会は、ご存知の通り、春と夏に2回開催されますね。

春と夏、どちらの甲子園大会も、全国大会となっています。

一般的に、高校野球と言えば夏というイメージが強いかと思います。

それは、高校野球の引退がかかった3年生の最後の大会と言うのは夏に開催されるからです。

では実際に、春と夏の甲子園大会の違いはどんなところにあるのか、詳しく記事で書いていきたいと思います。

今回の記事では、春と夏の甲子園大会について比較をする形で進めていきますね。

それでは早速見ていきましょう!

スポンサーリンク

高校野球甲子園春夏の違いは正式名称が違う

高校野球甲子園大会の春、夏の違いと言うのは細かいところまで挙げればいくつもありますが、思いつく限り書いていきますね。

まず正式名称が違いますね。

正式名称は春、夏、どちらも「甲子園大会」ではないのです。

春の甲子園大会の正式名称は

「選抜高等学校野球大会」

となっています。

これがいわゆる、「春の選抜」ですね。

では夏の甲子園大会の正式名称を見ていきましょう。

夏の甲子園大会の正式名称は

「全国高等学校野球選手権大会」

となっています。

こちらの甲子園大会が、いわゆる「夏の甲子園」と呼ばれる大会ですね。

高校野球甲子園春夏の違いは主催している新聞会社が違う

高校野球のスポンサーとして、まず第一に浮かび上がってくるのは、朝日新聞ではないでしょうか?

でも、実は、毎日新聞も高校野球のスポンサーなのです。

また、この2社は主催者として、高校野球の全国大会を開催しています。

春の選抜高校野球大会は、毎日新聞が主催をしています。

そして、夏の甲子園大会は、朝日新聞が主催をしているのでした。

熱闘甲子園は、テレビ朝日で放送されますね。

それは朝日新聞が主催者だからでしょうね。

高校野球甲子園春夏の違いは出場校の選び方が違う

スポンサーリンク

これは、ちょっと語弊があるように感じますが、厳密に言うと、出場校の選ばれ方が違う、甲子園の進み方が違うと言う感じでしょうか。

まず、春の選抜甲子園大会からみていきましょう。

春の場合、「選抜」となっているところに注目です。

この選抜と言う意味は、その通り、選び抜かれると言うことになります。

この選抜甲子園大会に出場するには、県や地区の推薦が必要と言うことになります。

では、その推薦をもらう為の選抜を行なう大会の位置づけに秋の大会があります。

この秋の大会で、好成績を収めることによって、春の選抜甲子園に出場できるかどうかがきまります。

好成績といっても、部の歴史を塗り替えて、ベスト32に入った!

とかそういう好成績のことを指し示すのではなく、県大会を制し、地区大会で上位に入ることによって、その結果を対象に選抜され、選び抜かれると言うことです。

だいたい、地区大会でベスト4以上が選抜で選ばれるかどうかの当落線上いるかと思います

ベスト8とかだと、試合内容や、普段の私生活や、地域貢献度などを考慮した上で選抜されていきます。

まとめると、県大会を勝ちあがり、準優勝、もしくは優勝し、地区大会でベスト4以上の成績を収めると選抜される可能性がかなり上がります。

まあ、1回負けても、甲子園に出れると思ってくれたらざっくりですが、的を外しては居ないはず。

対して夏の甲子園大会は選抜とは違い、選ばれて甲子園にいくのではなく、自らの実力で出場を勝ち取るものになっています。

夏の大会のトーナメントとなっているのですが、選抜と言った選ばれる概念がこの夏の大会にはありません。

なので、負けたら高校野球は終わり。

高校野球において、最も盛り上がる大会と言えば夏と言われる所以です。

また、10回大会ごとに、記念大会と定められており、その場合は都道府県の参加数の多い県から2校出場することができます。

高校野球甲子園春夏の違いは主題歌が違う

高校野球にも、主題歌と呼ばれるものがあります。

高校野球の主題歌で有名なので「ああ、栄冠は君に輝く」ですね。

ですが、もう一つ主題化があったのです。

それは「今ありて」という曲です。

春の選抜甲子園「今ありて」

夏の甲子園大会「ああ、栄冠は君に輝く」

となっています。

校野球甲子園春夏の違いは大会の規模が違う

春の選抜甲子園というのは、県を勝ち上がり、地区大会の上位の高校が中心に出場します。

よって、春の選抜甲子園大会の出場校が32校で行なわれることになります。

夏の場合は、県の優勝校がそのまま、夏の甲子園に出場するので、各県の代表として49校が出場します。

47都道府県なのに、49校もの出場校があることに疑問を感じるかもしれませんが、これは県によって、参加数が少なかったりするからです。

東京都は西東京と東東京といったように分かれています。

また、北海道も、北北海道と、南北海道と言ったように分かれています。

高校野球甲子園春夏の違いは抽選会の仕組みが違う

スポンサーリンク

春の選抜甲子園大会では、1度抽選によってトーナメントを決めたらその計画どおりに実行しなければなりません。

一方、夏はと言うと、夏の甲子園大会が始まる前に、トーナメントの抽選を行ないます。

その後、1、2回戦が終わりベスト16が出揃ったタイミングでもう一度抽選を行います。

高校野球甲子園春夏の違いは春は投手力、夏は打線の力が物を言う

先に行なわれる選抜甲子園大会と言うのは、バッター不利と言われています。

その理由として、バッターが、全員の調子が上がりきっていない場合が多いです。

ピッチャーの投げるボールに慣れていないなど、実戦経験が少ない分案外すぐにころっと負けてしまいます。

夏の場合は、バッター有利と言われています。

それは春から夏にかけて、しっかり時間を取って、ピッチャーの投げるボールになれることもできるということです。

また、夏の甲子園大会と言うのは真夏の炎天下の中で行なわれます。

そんな状態で投げ続けていた体力をかなり消耗してしまいますね。

それが原因で、大逆転が起こります。

こういったものを甲子園の魔物なんていわれ方をしています。

とまあ、今回の記事では甲子園のいろんな違いについて生地にしていき間知った。

今回の記事は長くなりそうなのでここら辺で終わりたいと思います。

今回も最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする