高校野球監督の年収や給料は?監督になるには資格が要るのか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

今回は高校野球の監督にまつわる、年収や給料、監督になる為には資格が必要なのか?

などなど、怖い象徴でもある、高校野球の監督について紐解いていきたいと思います。

高校野球の監督と言えば、もう一言、怖いしか印象がありません。

最近の高校野球の監督はアイシングやら、テーピングやら投球制限やらでなにかと選手にたいして優しいイメージがあるのは自分だけでしょうか?

試合をしている雰囲気も良いし、うらやましい限りですね。

でも、昔と現在の野球ってなんか変わりすぎではないでしょうか?

これも時代の流れといえばそうなのかもしれませんが、なにか決まりごとやルール、資格やテストなんかが出来たのでしょうか?

もしかして高校野球に監督手当て的なものが出来て給料や年収が上がったとか?

その辺ちょっと気になったので今回は記事にしてみました。

同じような疑問を抱いている方も多いかと思います。

今回この記事で疑問をスカッとさせましょう!

それでは早速見ていきましょう。

スポンサーリンク

高校野球監督の年収や給料は?監督の給料の相場ってどれくらい?

高校野球の監督の給料や年収、給与形態は一体どうなっているのでしょうか?

高校野球はご存知の通り、私立、公立と有りますね。

監督がどちらの高校で監督をしているかによって給料が変わります。

公立と私立を比べると、私立のほうが圧倒的に強いと、昨今の高校野球では言われています。

強豪高はほとんどが私立高校です。

私立強豪高校は、その潤沢な資金で、部活動に力を入れやすい環境を整えやすいところがあります。

また、その資金で、有望な監督を雇用し全国大会出場を果たし、認知度を広め生徒を増やす。

少しビジネス的な側面を併せ持つのが高校野球ですね。

なので、私立高校の野球部の監督となると、年収は1千万ぐらいはもらっているのではないでしょうか?

反対に、公立高校の野球部の監督の給料を見ていきましょう。

公立高校の野球部の監督は、学校の先生です。

学校の先生が、部活動の顧問をするというケースが大半です。

中には公立高校でも外部の監督が居るケースもありますが、少数です。

さらに言えば公立高校の野球部の監督は学校の先生でありながら職業は、公務員に当たります。

公立高校の野球部の監督は、県や市が管理する、公立高校に配属される形になります。

なので、他の先生方と条件は同じで、給料形態も同じとなります。

一般的に、高校の先生の給料は500万から600万ぐらいと言われています。

高校野球の監督になるには資格が必要?

スポンサーリンク

高校野球の監督になること自体には、基本的に資格は要りません。

高校野球の監督になる、ならないは、その高校との契約によるところが大きいです。

個人と高校で契約をするとなると、私立の場合が多いでしょう。

外部の監督を雇う資金がない、公立高校の場合は学校の先生が監督をするケースが多いので必然的に教員免許が必要になりますね。

元プロ野球選手が、高校野球の監督をしようと思った際には、教員免許を取得し実際に学校の先生をする期間が無ければ監督はできませんでした。

たしか、中学2年間、高校2年間の計4年間、学校の先生としての勤務経験が必須でした。

ですが、最近はその規定もなくなり、学生野球資格回復制度となるものが出来て、研修を受ければ指導に当たることが出来るようになりました。

高校野球の監督になるには、まずはコーチから?

高校野球の監督になるには、

なるだけなら特に、コーチとしての実績とかは必要ありません。

コーチとしての経験があればそれはそれで良いことかもしれませんが。

それよりも、指導者としての自覚があるか、どうかといった責任感のほうが重要な気がします。

高校生といっても、まだまだ子供です。

当然親御さんは心配です。

そして子供の成長をだれよりも願っています。

そんな気持ちに応え、野球を通して人間的な成長をする手助けをする。

そんな責任がないとなかなか勤まらない責任ある仕事だとおもいます。

決して、高校野球の監督になりたい動機がお金であったりしたらそんな監督に自分の子供を預けたいなんて思いませんよね?

まとめ

高校野球の監督というのは、自分の中で怖いの象徴でした。

今でも思い出すと怖いです。

たまに夢にもでてきますし。

ですが、そんな高校野球の監督の怖さの裏には愛情があったのではないか?と今では思います。

というか、思いたいですね。

高校野球の監督は年中無休で年末年始もプライベートを削ってまで部員に接してくれます。

そんな高校野球の監督になるなら本気の覚悟が必要と言うことですね。

・高校野球の監督になるだけなら、学校との契約次第なので教員免許など資格は要らない

・公立高校の場合は教員が監督になるケースがほとんど

・高校野球の監督の給料は私立のほうが多く、公立のほうが少ない

・高校野球の監督にプライベートはほとんど無い

・本気の覚悟を持って監督を務めなければダメ

・弱いままで良いならプライベートもそこそこ充実させることができる

今回は以上になります。

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする