甲子園チケット当日券前売り券や払い戻しや値段コンビニでの買い方は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

甲子園のチケット、高校野球について!!

前売りやセンバツの特徴は?

毎年、春夏に開催される高校野球の甲子園大会。

毎試合、毎大会、多くの人でにぎわい、野球ファンである皆様は足を運んだことがある方も多いのではないでしょうか?

まだ行ったことのない方で、「来春のセンバツに初めて行こう!」と意気込んでいる方もいるでしょう。そういう人は、「甲子園のチケットの購入ってどこでやるんだろう?」と疑問に抱くでしょう。

そんな人のために、今回は、高校野球の甲子園のチケットについて、「種類」「値段」「買い方」「払い戻し」を詳しく説明していきます!

最後に私の甲子園、おすすめ観戦方法も書いています!

初めて行く人も、行ったことある人もより「賢く」チケットを買える方法を伝授していきますので、読んでいただけたらと思います。

スポンサーリンク

甲子園のチケットの種類

高校野球のチケットの種類は3つあります。

・当日券

・前売り券

・通し券(大会中のすべての試合を見ることのできるチケット)

全てのチケットにおいて、1試合1枚などではなくて、1日に1試合見ようが4試合見ようが同じ値段になっています。

それでは、それぞれの料金と買い方を見ていきましょう。

甲子園のチケットの値段について

*当日券*

料金は春夏同じで、席の場所によって料金が変わります。

・中央特別自由席(一律:2000円)

・1,3塁特別自由席(大人:1500円、子供:600円)

・1,3塁アルプス席(一律:600円)

・外野席(無料)

となっています。

*前売り券*

購入できるのは、1,3塁特別自由席のみで値段も同じです。

*通し券*

購入できるのは、中央特別自由席と1,3塁特別自由席のみです。

料金は、(開催期間―1)×座席料金です。

またこのチケットに子供料金はありません。

甲子園のチケットの買い方は?

スポンサーリンク

*当日券*

購入場所は甲子園の入場券売場です。

一人で最大5枚まで買うことが出来ます。

また、外野席にチケットはありません。そのまま外野席の入り口にいけば、フリーで入れます。

*前売り券*

全国の「ローソンチケット」と「チケットぴあ」で購入できます。

販売期間は、春は3/1前後、夏は7/15前後から開始されています。

販売の締め切りは、準々決勝までは希望日当日の午後六時まで

準決勝、決勝は準決勝前日から試合前日の午後6時までに購入できます。

また、前売り券の売り上げは全体の3割程度です。

*通し券*

大阪、兵庫、京都、東京、愛知、福岡、北海道にある「毎日新聞社」で購入できます。

販売期間は、春は3/1前後から開幕試合前日まで、夏は7/15前後から開幕試合前日となっています。

甲子園のチケットの払い戻しの条件

*当日券*

第一試合が成立した時点で、払い戻しはできません。

二試合目以降が雨で流れた場合でも、払い戻しもできず翌日の使用もできません。

全試合中止になった場合のみ、払い戻しか翌日の使用ができます。

*前売り券*

当日券と同じルールです。

注意として、前売り券は「○月○日限定」で購入するので、見たい試合が順延の影響でずれた場合でも、払い戻しや別日での使用もできません。

*通し券*

払い戻しはありません。

甲子園のオススメ観戦方法

私は、出身が京都ということもあり、毎年のように甲子園の観戦に行っていました。

一番記憶に残っているのは、2006年ハンカチ王子斎藤佑樹投手率いる早稲田実業の試合です。当時、小学6年生で、有名な決勝の試合ではなく、準々決勝の早稲田実業vs日大山形の試合を見に行きました。

外野席から見ていたのですが、「ほんとに青いハンカチで顔拭いてる!」と興奮して、緊迫した試合でした。

まーそんな思いで話をしていてもしょうがないので、おすすめの観戦方法についてですね(笑)

やはり、席としては極力、お金を払ってでも「内野席」で見るべきです。

内野席でも極力グラウンドに近い席を座る方がいいです。

やはり、外野席を含め、グラウンドから遠いと細かいプレーまで見ることができません。そして飽きてきます。

ですので、おすすめとしては、「内野席のグラウンドに近い席」です。

内野席も全て、自由席なので空いている席に座りに行きましょう。

「どうしても、無料で見たい!」という方は、外野席でも極力センターのスコアボード付近で見るのがいいと思います。

投手の投げたボールが見えて、臨場感が一番伝わってくるからです。

また、「同じ値段ならより多くの試合を見よう!」と一日甲子園にいるのも、よほどの野球好きでない限りお勧めしません。飽きてきますからね。

ただ、野球好きには最大1日4試合を2000円で見ることができるのは、とてもお得ではないでしょうか。

まとめ

・春夏でチケットの違いはない!!

・甲子園のチケットは、当日券 前売り券 通し券 があり、

オススメは当日券、甲子園で購入!!

・大人料金は、一律内野2000円、外野無料!!

・前売り券は、全国の「ローソンチケット」と「チケットぴあ」で購入できる!!

・払い戻しは、1試合目が完了するまで!!

・内野席のグラウンドに近い席が

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする