高校野球かっこいいユニフォームランキング!珍しいユニフォームもご紹介

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

高校野球のユニフォーム。

前回の夏大会予選、2017年夏の第99回全国高校野球選手権大会の参加校は3839校でした。

もちろんチームの数だけユニフォームがあるわけで、全く同じユニフォームのチームなど存在しません。

そんな高校野球のユニフォームについて今回は記事にしていきます。

もちろん、全て伝統や個性がありかっこいいと思うのですが、今回は私の選んだかっこいい高校野球のユニフォームをランキング形式で発表していきます!

流石に3839校全てはチェックしきれないので、よく甲子園に出てくる有名高校を対象に、私の独断と偏見で決めていきました!

スポンサーリンク

高校野球かっこいいユニフォームランキング!!

第5位 大阪桐蔭

5位は大阪桐蔭。

特徴としては、詰襟とアンダーシャツが黒色なのに対して、ソックスが赤色の配色。

詰襟は最近増えだしましたが、かっこいいですね!

若者!って感じがします。

また多くの高校は、アンダーシャツとソックスは同じ色ですが、大阪桐蔭では黒と赤で使い分けています!

個性的で強そう!

また胸の「TOIN」の文字もシンプルでかっこいい。

以上より5位にしました。

第4位 前橋育英

4位は前橋育英。

昔のオリックスに似たユニフォームです。

もう上下ともに細かいおしゃれだらけのユニフォームだなと思っています。

首襟元と袖口の、ネイビー、ゴールド、ネイビーの三色の線、そしてズボンにも同じラインが入っています!

高校野球ってオーソドックスなユニフォームが多い中、こんなに細かいユニフォームでも大丈夫であることを再確認しました。

また胸の「前橋育英」っていう4文字漢字も渋くてかっこいいです!

また帽子のマークもかっこいいですね!

本当にプロ野球のユニフォームです!

以上より4位にしました。

第3位 駒大苫小牧

3位は駒大苫小牧。

漢字で縦書きの「駒澤」という文字がかっこいいです!

この字体で縦書きがとても好きです!

漢字の縦書きが個人的にすごく好きで、たまたま私の母校の高校も漢字3文字縦書きでした。だから親近感があります。

また右袖の北海道の形がプリントされているのもポイントが高いです!

以上より3位にしました。

第2位 智辯和歌山

第2位は智辯和歌山。

奈良の智弁学園と智辯和歌山は袖の「和歌山」「奈良」という文字以外、全く同じユニフォームです。

共通して目立つのは「赤色」でしょう。

この全身に赤色で向かっていく感じがとてもかっこいいです!

また、両校ともがっちりした選手が多く着こなしもかっこいいし、伝統も感じますよね!

ソックスの紅白の感じもおしゃれです。

智辯和歌山の方が甲子園での実績が上かな?と思ったので、2位を智辯和歌山にしました。

第1位 早稲田実業

 

そして第1位は早稲田実業。

もうこの白いユニフォームもで「WASEDA」の文字、白のアンダーシャツにソックスではエンジ色の差し色までもすべてがかっこいい!

そして長年の伝統もあわさり、爽やかさの塊のようなユニフォームだと思います!

また私がちょうど高校野球を見始めた時に、斎藤投手が甲子園で大活躍していたのと重なり、ナンバー1のユニフォームです!

以上より1位にしました!

スポンサーリンク

高校野球個性的で珍しいユニフォーム!!

正直これはたくさんありました!

紹介しまくってもしょうがないので、私の中で知ってほしい3つの高校を紹介します。

かっこいいユニフォームは甲子園常連校にしましたが、こっちは全国各地の高校が対象です。

・色が個性的! 弥栄高校

この高校のユニフォームはペパーミントグリーン色と何とも個性的な色です。

こんな色のユニフォームは初めて見ました。

この色がペパーミントグリーン色みたいです。是非甲子園でユニフォームを見てみたい!

・帽子が個性的 虎姫高校(滋賀)

ちょっと見えにくいかもしれませんが、帽子のマークが「虎」なんですよ。

「いやそのまんまやん」って感じですよね。なんか阪神タイガースっぽくもあります。

帽子が漢字の高校自体少ないのに、その字が「虎」ってもう面白い!個性的!

・個性的というかパクリな高校 富谷(宮城)

どこのユニフォームと同じか分かりますか?

イチロー選手が過去に所属していた、「シアトルマリナーズ」と同じです。完全にマネしましたね。でも正直かっこいいです!

こんなのもありなのかーと感心してしまいましたね(笑)

まとめ

冒頭にも述べた通り、全国各地の高校でそれぞれのユニフォームがあります。

高校野球好きはユニフォーム見るだけでも楽しめますね!

今回は以上です。

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする