高校野球でランナーコーチャーとハイタッチしたらどうなるの?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

高校野球のホームラン時に見かけないハイタッチ・ガッツポーズ

見事なホームラン、しかも甲子園の晴れ舞台で、もう選手は喜び100%以上だ。

仲間と喜びを分かち合いたい、そして仲間もそれを祝福してあげたい、ましてそれがチームの勝利を決定づける一本だったら?

サッカーのゴールシーンのように、抱き合い、駆け回り、パフォーマンスをしたくなるところだ。

でも高校野球であまりそういった「爆発的な」喜び方は見かけない。

何か秘密があるのだろうか?

スポンサーリンク

ランナーズコーチの肉体的援助

 

野球規則には、「三塁または一塁のベースコーチが、走者に触れるか、または支えるかして、走者の三塁または一塁への帰塁、あるいはそれらの離塁を肉体的に援助したと審判が認めた場合」に打者走者はアウトになるとある。

そうするとその昔、王選手がホームランを放つと必ず一塁ランナーコーチ、三塁ランナーコーチの手をタッチしてベース一周していた記憶があるが、それは大丈夫だったのかと思ってしまう。

この規則の主語がミソだ。

あくまで主語は「ベースコーチ」で走者ではない。

つまり走者側がコーチスボックス内にいるベースコーチへ寄っていってタッチする分には、この規則には抵触しない。

記憶をたどると、ずいぶん前の甲子園大会で、打者が長打を放ち、走者がホームに戻ってこようとする直前に足を骨折したプレーを思い出す。

確か転倒もしていたと思うが、ぴょんぴょんはねながら何とかホームインしていたのを覚えている。

こういったケースでわずかでも身体に触るとその時点でアウトなのだ。

駅伝などでもフラフラの脱水状態となってしまったランナーにしばらく監督が並走している光景をたまに見かける。

監督が選手の身体に触れた時点で「棄権」となってしまうためだ。

高校野球はハイタッチ・ガッツポーズ禁止

 

血気盛んな高校生、盛り上がり方も半端ではない。

貴重なホームランをそのような行為でパーにすることは痛恨の極みだ。

そのため、高校野球の監督さんは、ハイタッチやガッツポーズを禁止しているところが多い。

サヨナラホームランを打ちながら、喜び過ぎて三塁を回ったところでランナーコーチと抱き合い、ホームまで一緒に行ってしまった、などという行為をすれば、たちまちホームランは無効、アウトとなって、単に三塁打という記録が残るだけだ。

そのため、ハイタッチ、ガッツポーズを全面的に禁止しよう、としているのだろう。

高校生だから格好をつけるな、とか派手なアクションはするな、などという理由は第一義的ではなく、野球以外のことで残念なアウトを取られるな、という事がベースにあるのだ。

もっとも、ランナーコーチには関係ないところでガッツポーズをして警告された選手もいるようだが・・・

スポンサーリンク

ガッツポーズの功罪

 

素晴らしい当たりをしても「当然」、何一つ表情を変えず、淡々とプレーをしていく。

これが逆にカッコイイ、シブいという意見も多々ある。

さて、スポーツの場合、「興奮度合い」というものがある。

格闘技系は当然のことながら「興奮度合い」を上げていかないと良い結果が生まれにくい。

逆にこれをあまり上げすぎてしまうと、逆効果となるスポーツもある。

陸上競技ならば長距離系種目、競泳、あるいは野球、テニスなどに代表される球技系はその類だ。

しかしある一定の興奮度合いをキープするために、野球などは常に声を出すことを行っている。

守備の回ではカバープレーなども含めると、全員が良く動いているが、攻撃の回では打者や走者以外はベンチで「座っている」のだ。

声を出すことにより自らを鼓舞し、ゲームに入っていくことで座っていてもメンタル面の高揚をキープしていくことが狙いであろう。

紳士淑女のスポーツとして始まったテニスも、以前は見かけられなかった、ボールをヒットする時点で声を出すプレーヤーが大半だ。

またガッツポーズをすることにより、自らのメンタル、集中力、気迫を高め、紙一重の勝利をもぎ取ろうとする。

サッカーでゴールを上げた時の喜び様は半端ではない。

野球でいえば「逆転サヨナラ満塁ホームラン」が毎度出ている感じだ。

しかしハイタッチ・ガッツポーズ禁止は相手に対する配慮という見地もある。

確かに度が過ぎると相手に反感を買うこともある。

サッカーの槙野選手が韓国で試合終了後追い回された事件はつい最近だ。

まあ、野球の場合はベンチに帰ってから喜べ、ということなのだろうが、もう少し自然にしても良いのではと思うのは私だけだろうか?

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする