殿堂入りの条件は?殿堂入り一覧と受賞のメリットなど

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

野球ファンの皆さん、「殿堂入り」って知っていますか?

何となくイメージとして、凄い野球選手や名監督などが選ばれていそうですよね。

この答えは半分正解で半分外れです。

名選手、名監督も選ばれていますが、それ以外にも特別表彰というのがあり、俳人の「正岡子規」も入っています。

野球選手以外にも殿堂入りに選ばれるって皆さん知っていましたか?

今回はそんな「殿堂入り」について詳しく説明していきます!

スポンサーリンク

殿堂入りとは?

野球殿堂とは、日本のプロ野球などで活躍をした監督・コーチ・選手、また野球の発展に大きく貢献した人物に対してその功績をたたえ創設されたものが野球殿堂になります。

簡単に言うと、「日本野球に大きく影響を与えた人物が受賞できる賞」です。

受賞されると、東京ドームに併設されている野球博物館に肖像のレリーフが展示されます。

選出される条件は?

スポンサーリンク

野球殿堂には

① プレーヤー部門

② エキスパート部門

③ 特別表彰部門

の3つの賞があります。ちなみに2007年まではプレーヤー部門とエキスパート部門は同じ競技者賞でした。

では、それぞれの条件を見ていきましょう!

① プレーヤー部門

対象はプロ選手で引退後5年を経過してその後15年間の人物になります。ただし、65歳以上や故人は5年経過していなくても良いことになっています。

選出委員は野球報道に関して15年以上の経験を持つものが300人以上で選出しています。

選出方法は、30人の候補を選び、選出委員1名につき7人以上の連記で投票し、3分の2の有効投票があれば75%以上の得票者が選出されます。

② エキスパート部門

対象はコーチ・監督・審判で引退後6か月以上経過していることが必要です。選出委員は野球殿堂入りした競技者及び競技者表彰の感じとなっています。

選出方法は10人以上の候補者を選び、選出委員が3人以内の連記で投票し、3分の2以上の有効投票で75%以上の得票者が選出されることになっています。

③ 特別表彰部門

最後の特別表彰はアマチュア野球の競技者を対象に、選手は引退後5年、監督・コーチ・審判員は引退後6ヶ月を経過していることが必要です。プロ、アマチュア野球の発展に大きく貢献した人物やしつつある人物が対象になります。なお2002年、2003年は新世紀特別表彰として20世紀の日本野球界における基礎作りに貢献した野球に縁のある著名人に対しても表彰が行なわれました。上記に上げた正岡子規もこの賞を受賞しています。

選出委員はプロ野球役員及び元役員、アマチュア野球役員、野球関係学識経験者計14人となっています。選出方法は選出委員1名につき3名以内の連記で投票し、3分の2以上の有効投票で、75%以上の得票者が選出されます。

受賞のメリットは?

スポンサーリンク

名誉!!

だけです。特に金銭が発生するわけでもないです。

殿堂入りした名誉がこの先残り続けるのがメリットです。

受賞者一覧

何と2017年で197人の方が殿堂入りしています!

とても多く感じるのではないでしょうか。

全員の名前を書くとあまりにも多すぎるので代表した方だけ何名か選んで表記しています。

受賞者一部:競技者

王貞治、長嶋茂雄、三原脩、沢村栄治、杉下茂、福本豊、山田久志、川上哲治、スタルヒン、野茂英雄、古田敦也、落合博満、工藤公康、星野仙一、、、

特別表彰

正力松太郎、嶋清一、林和男、山中正竹、、、

一覧を見てみた感想としては、特別表彰の方はやはり知らない人が多いなと思いました。多くの方は裏方として、私たちの知らない世界で野球界に貢献されてきたのでしょう!

また受賞されていない方も含め、多くの方の支えがあってこそ、現在の野球の姿が確約されていったのでしょう!感慨深い!

↑正岡子規の写真

殿堂入りについて私の意見!

殿堂入りが、正直言って197名もいるなんて驚きました!

この賞には歴史と権威もすごく感じます!

今後も増えつづけるのは間違いないでしょう!

私は今23歳なのですが、私が子供の頃に活躍した選手はほんの少ししかまで受賞されていないので、今後現役時代を知っている選手が選ばれるのが楽しみです!

イチロー選手は確定としても、松井秀喜選手や金本知憲選手、山本昌選手なども間違いなく選ばれるでしょう!

イチロー選手はメジャーリーグの殿堂入りも間違いなしと言われていますからね!

年に一回の賞なので、今後もチェックしていきたいです。

殿堂入りまとめ

① 殿堂入りには「プレーヤー部門」「エキスパート部門」「特別表彰部門」の3つがある!

② 2017年までに197名の方が選出されている!

③ 選出のメリットとしては「名誉」!

④ 今後も増え続けるので楽しみ!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする