高校野球で審判の誤審に対しても監督は抗議できない?判定が覆る例はあるのか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

誤審、いやな言葉だ。

しかし審判がジャッジメントするスポーツである限り、審判も人間であり、間違えることもある。

ジャッジのトレーニングを行い、当然常人よりはるかに確かな認知、判断を下せるはずであるが、その日の体調、環境、偶然など判断を鈍らすファクタは数多い。

高校野球も過去に数々の誤審、名審があった。

「いさぎよさ」「さわやかさ」がモットーの高校野球では、えっと思うジャッジでも抗議するケースは少ない。

そして、もし抗議、確認の場合、審判の元に駆け寄っていくのは選手であり、監督ではないのだ。いったい何故なのだろう?プロ野球などでは「いの一番」に監督が飛び出していくのに・・・

スポンサーリンク

高校野球の監督は抗議出来ない

高校野球においては、アンパイアのジャッジメントに対して疑義を持った場合、その「確認」が出来るのは選手(通常はチームの主将がその役目を果たす)だけであると規定され、監督はその権利を持っていない。

もし監督が確認、抗議などをアンパイアに行った場合は規則違反となり、何らかの処分が下される。

アンパイアのジャッジメントは「絶対」であり、その疑義についても、あくまでどういったルールの下その判断が下されたのかを「確認」するだけというのが、原則である。

そのため、甲子園大会などでも、ジャッジメントを確認する場合、選手が帽子を取り、アンパイアと話しているシーンを見かける。

アマチュアリズム、学生野球の本道、礼儀、アンパイアへのレスペクトなどなどこの規則を正当化する説明は多々ある。

しかしその選手たちの純粋さを尊重するのであれば、厳しい練習に明け暮れ、喜び、悔しがり、悩み、「甲子園」をいう夢をつかむために、日々鍛錬努力している彼らの精一杯のプレー結果を、「微妙」ではなく「明らか」な誤審があった場合、そのまま進めてしまってよいのであろうか?

しかも、誤審のあと、180度違う結果に陥ったケースもままある。天国から地獄、勝っても後味が悪い、すっきりしない、大方がそのような試合後のコメントを残している。

スポンサーリンク

高校野球審判の誤審で甲子園出場がくつがえった

甲子園出場をかけた決勝戦しかも最終回に判定が覆るという、劇的な例がある。

2016年夏の岡山県大会決勝戦、玉野光南対創志学園、玉野1-0とリードの9回一死一塁でピッチャーゴロゲッツー、ゲームセット、テレビ中継も玉野光南高校甲子園出場のテロップを流す。

打者走者は走っていないが、主審は一度「フェア」のジェスチャーをしている。

当然投手はゲッツー狙いでセカンドへ送球、一塁に転送されゲッツーが完成、試合終了だ。

試合後の整列までいきながら、創志ナインは打球が自身に当たっていたとアピール、整列をちゃんとしようとしない。

何とこの時点から、審判団の協議が始まる。

「ショートバウンド捕球をダイレクト」「ホームランをファウル」など、明らかな誤審であるのにその結果のまま進めてきた過去をみても、このような例はあまりない。

そして審判団の結論は「打球が自身にあたっており、ファウル」。

玉野光南高校の一度は決まった甲子園が覆される。

その後は、何と玉野の投手が創志学園に四連打を食らい、逆転、創志学園が念願の初出場をつかむ。

高校野球史上最悪の審判の大誤審

数ある誤審の中でも、「史上最悪の大誤審」といわれているものがある。

1980年夏の埼玉県大会決勝戦、川口工対熊谷商の一戦だ。

5回表2-1とリードされた川口工攻撃、ヒットで出塁したランナーが果敢に二塁盗塁。

キャッチャーからの二塁好送球でタイミング的にはアウト、しかしベースカバーの内野手が落球、そのままタッチ後、ボールを拾い上げる。

落球がほとんど正面を向いた状態であったため、両軍ベンチ、内野席観客のほとんどがこの落球を目撃している。

ビデオなどを振り返るまでもない、明らかな落球で、当然盗塁は成功、セーフのはず。

二塁塁審は落球に気がつかなかったのか、空タッチを本来のタッチと勘違いし、「アウト」の宣告。

川口工はもちろん落球であった旨猛アピールする。

審判団が協議をし、その結果は、何と「アウト」のまま。

二塁ランナー、川口工監督、ナインは全く納得いかず、ランナーは二塁ベース上にいたまま。

散々審判に促されて、ようやくランナーがベンチに戻る。

これに納得いかない川口工応援団は球場に乱入、モノを投げ入れるなど行為に及ぶ。

そして次打者は、見事にライト前ヒット、つまりランナーがいれば「同点」であったのだ。

結局試合は熊谷商の勝利となり、甲子園出場を果たす。

高校野球審判のビデオ判定導入は?

スポンサーリンク

プロ野球ではビデオ判定が導入されている。

2017年日本シリーズ、ソフトバンク今宮選手の本塁突入で、一度はアウトの判定となったものが、ビデオ判定でセーフに覆った例は記憶に新しい。

またテニスでもチャレンジシステムが常識となっており、ホークアイと呼ばれる多方向からのカメラ映像の合成画像再生により、審判の下したジャッジメントに対して選手がチャレンジする権利を有する。

しかしこの権利は無限大ではなく、1セットについて3回、但しチャレンジが成功した場合、その回数は減らずキープ出来るが、もちろん失敗した場合は残り回数が減る。

また試合がタイブレークにもつれ込んだ場合は1回プラスされる。

非常に微妙なタイミング、視野の死角、スピードも更に増している現在、不可抗力的な「誤審」も多々あるのではないか?

審判も人間、誤審に対する恐怖感、あるいはプレッシャーは相当なものであるとうかがえる。

全面的にデジタル技術に頼るのではなく、ルールを決めて必要な時に必要な画像再生システムを利用する事は、高校野球でも考えても良いのではないか?

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする