すべてのピッチャーに捧げる球速アップのまとめ、球速アップメソッド

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

誰をも魅了する速いストレート

それは、ピッチャーにとっての武器であり、魅力でもあります。

球場の雰囲気を一気に変えることが出来る球種はストレートしか無いと思っています。

このページではあなたの球速をアップさせるためのヒントになるような記事を集めました。

このページを一通り読んでいただければ、球速を上げることの本質を理解していただけます。

ボールを速く投げることとはどういったことなのか?

速いストレートを投げるにはどういったことに取り組めば良いのか?

こういった悩みのヒントがこのページに詰まっていると思うので是非参考にしていただけたら嬉しいです。

このまとめ記事を読むだけでも効果があるので是非全部に目を通してもらえたらなと思います。

今後もコンテンツを追加していく予定です。

それではご覧ください。

球速アップの為のトレーニング方法と剛速球を投げるコツと球速を上げるために考える事

球速を上げる。

自分自身、この目的のために様々なトレーニングを積んできました。

ですが速いストレートを投げるピッチャーにはある共通した体の使い方がありました。

盲点的で意外な事です。

球速アップの為のトレーニング方法と剛速球を投げるコツと球速を上げるために考える事 

そして、トレーニングに関しても様々な方法がありますが、やっぱりどのトレーニングをするにしても野球に関連してこないと、パフォーマンスを上げる遠回りをしてしまいます。

球速を上げるトレーニング 遠投編 球速と遠投の因果関係に迫る!

遠投と球速

この関係性はあるという意見、無いと言う意見、さまざまあって分かれる所だと思います。

よく遠投90mで130キロという目安もあったりしますが実際のところはどうでしょうか?

自分はその因果関係については否定をしています。

遠投だけ良くても150キロのボールは投げれないからです。

肩が良い選手をこれまでたくさん見てきましたが肩が良いだけでは、一人も150キロを超えるストレートを投げれる選手はいませんでした。

ですが、肩の強さは良いボールを投げる為には必要な要素であることは間違いないです。

球速を上げるトレーニング 遠投編 球速と遠投の因果関係に迫る!

baseball-field-1081692_640

球速を上げるトレーニング ランメニュー編 走る投げるの関連性と意味を考える

ただ力が強いとか、肩が強い、背筋力が強い、

ではストレートのスピードを上げることは出来ません。

ストレートは上手く力が伝わるピッチングフォームとリリースのタイミングで投げられていないと、球速はなかなか上がってこないです。

体の連動性を意識したトレーニングも必要になってきます。

球速を上げるトレーニング ランメニュー編 走る投げるの関連性と意味を考える

ピッチングでコントロールが良くなり球速が上がる超意外で簡単な方法

シンプルに考えて、力の進む方向は常に「まっすぐ」が一番力を発揮できます。

ストレートという球種が一番ピッチャーが投げるボールの中で速いように、ボクシングの選手も一番強いパンチはストレートですよね。

100m走もまっすぐ走ります。一番速く走れるからです。

力の進む方向、動線の話です。

ピッチングでコントロールが良くなり球速が上がる超意外で簡単な方法

肩のインナーマッスルを鍛えて鋭く腕を振れるようになろう

ストレートは速いだけでは絶対にダメです。

ちまたでよく言いますがこれは本当だと思います。

今の時代、速いストレートにはいくらでも対策できます。

マシンを使った打撃練習もそうですが、眼球周辺にも筋肉がありその筋肉を鍛えると速いボールにも対応されてしまいますし、眼球周辺の筋肉を鍛える方法も確立されています。

目は慣れます。

ですが、人間の想像と人間の目は必ずしもリンクしているとは限りません。

なので、予想を裏切るストレートを投げ込めればバッターを打ち取れるのです。

肩のインナーマッスルを鍛えて鋭く腕を振れるようになろう

鋭い腕の振りから放たれるボールには球速表示以上に速く感じます。

baseball-field-828713_640

ピッチャーは下半身が大事と言われる理由とトレーニング方法

下半身の筋力が大事とはよく言いますが何故こんなにも下半身信者が増えてしまったのでしょうか?

あなたの周りにも居ませんか?下半身大好き野郎w

筋肉はすべて大事ですよ。

一番大事なのは上半身でも下半身でもありません。バランスです。

この記事では下半身の大事な部分についてご紹介させていただいています。

ピッチャーは下半身が大事と言われる理由とトレーニング方法

ピッチングフォームを作る際の心構えとは?潜在意識と顕在意識で野球がうまくなる!

速いストレートを投げ込むには、ピッチングフォームも大事な要素になってきます。

力を効率的にボールへ伝えるには安定したフォームが必要です。

ですが体がフォームを覚え、無意識のうちに試合で使えるようになるためには長い期間を要します。

そこで、潜在意識を使ったフォーム修正を行うことによって、その期間を短くすることが出来ます。

イメージトレーニングを用いたピッチングフォームの修正方法をご紹介しています。

ピッチングフォームを作る際の心構えとは?潜在意識と顕在意識で野球がうまくなる

sse_tokyodomekankyakuseki_tp_v

ピッチャーのフォーム修正ポイント~肩の開き、体の開きを一発で解消する方法~

肩が開く、体が開く、

よく指導の現場で耳にする言葉ですが、何故肩が開くとダメなのか?

それは、力のモーメントが長くなり、遠心力を必要以上に使ってしまい、肩やひじに負担がかかるからです。

そして、無駄に力が入っている分、本来力を入れるべきタイミングで力を入れることが出来なくなります。

この記事では、肩を開かず、正しいタイミングで投げることが出来るような、ちょっとしたコツをご紹介します。

ピッチャーのフォーム修正ポイント~肩の開き、体の開きを一発で解消する方法~

ピッチャーの為の球質改善メソッド!回転を掛けるコツをつかむ練習方法とは?

ストレートの球速を求めるには一番最後まで体に触れている部分である指先を鍛えることも重要です。

指先の感覚を養うことによってボールに与える回転数を増やしノビのあるストレートを投げることが出来るようになります。

ピッチャーの為の球質改善メソッド!回転を掛けるコツをつかむ練習方法とは?

野球でピッチングが上達する、シャドーピッチングのやり方と練習方法

いくら肩が強かろうが、短距離走が速かろうが、ピッチングフォームが出来上がっていないと、力のあるボールを投げることは出来ません。

野球でピッチングが上達する、シャドーピッチングのやり方と練習方法

ここでは、フォームを作る際のコツや考え方、取り組み方なんかをご紹介しています。

dscf8854_tp_v

ピッチャーの為のキレのあるボールを投げる簡単で効果的な練習方法

ピッチングにおいて、コーナーに左右にボールを投げる際には少なからず、感覚にズレが生じます。

その感覚がずれていることによって、力を加えるタイミングにもずれが生じてしまいます。

スライダーを投げた次にボールが抜けやすいように、インコースを投げた後のアウトコースのストレートは良いボールが行きやすいです。

ピッチャーの為のキレのあるボールを投げる簡単で効果的な練習方法

コースにや球種によって、指先にボールがかかる感覚の違いに気付けるようになれば失投は高確率で減っていきます。

良いピッチャーになる条件とは?緩急を使ったピッチングで強打者を抑える方法

緩急を身に付けることはストレートに球速を上げることよりも、絶対的な変化球を身に付けることよりも、比較的簡単に身に付けることが出来ます。

緩急を用いたピッチングは、人間の目の仕組みを利用した、最強の配球だと自分は思うので是非参考にしていただけたらと思います。

良いピッチャーになる条件とは?緩急を使ったピッチングで強打者を抑える方法

futta1762-1366x768

最後に

最後までご覧いただきありがとうございます。

この記事でまとめたことは自分がピッチャーとして、球速アップに対しての考えをまとめたものになります。

この記事の内容を一通り目を通していただければ、自分の球速アップに関する考えを学ぶことが出来ます。

この記事は今後も追加予定なので是非ブログのブックマークのほうも宜しくお願い致します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする